検索
  • sugimorigakuenmegum1

小学校運動会を観覧して!

 5月20日(土)に市内の小学校で運動会が行われました。

私も、二つの小学校にお邪魔いたしました。

園児が年中組さんから年長組さんに変わる、わずか1か月で変わるのと同様に、幼稚園を卒園して2か月もたたないのに、顔つきが大きく成長しているのを実感いたしました。

小学校生活に溶け込んでいる姿が見えて、大変安心いたしました。

めぐみの卒園生は、小学校のリレー選手に選抜されることが多いです。多い時は選手の半数を占める年もありました。

この原因の一つとして考えられることは、幼稚園生活で「ケイドロ」や「缶けり」などで広い園庭を走ることが多いことと、ケイドロであれば捕まらないように身をかわす、俊敏性も養われているのだと思います。

また、どうしたら「楽しくゲームができるか?」どうしたら「ゲームに勝つことができるか?」頭脳を使うことも養われているからなのです。もちろん、これだけが理由ではありません。

ここ3~4年で、文部科学省は「幼児体育」の必要性を唱え始めてきました。もちろん、ここでいう「幼児体育」は教え込む教科的なものではなく、あくまでも「遊び」の場で培われるものと定義しています。

暑さも本格的になるこの時期だからこそ、時間をコントロールした外遊びを充実していきたいものです。

そのためにも、冷たい麦茶を用意しなければ。 → 「麦茶の話はまた明日

171回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしと目つき

10月18日(日)に「第40回 運動会」が無事に終了いたしました。雨で3回の延期を余儀なくされましたが、途中で太陽の光も注ぐ絶好の天気の中で楽しく終了いたしました。 創立以来初めての2部制となりましたが、保護者の皆様の優しく温かい「まなざし」に包まれ、子どもたちは自分たちができる最高のパフォーマンスを見せてくれました。 子どもたちを取り巻く大人たちの「まなざし」は、すべてを受け入れて、子どもたちの

「見て学ぶ」とは?

今から20年以上前のことになります。 年中組に途中入園で入った男の子の話です。その男の子は、みんなの輪の中に飛び込んでいける子ではなく、初め2~3日はお部屋のロッカーの中に入り込んで、そこから見える景色を楽しんでいるように思えました。 しかし、そのお子さんがロッカーにずっと入っていた、初日・2日目にお母さんに伝えた話を聞いて驚いた記憶が今でも鮮明に覚えています。 初日も2日目も、お母さんに「今日は

運動する季節

ようやく爽やかな季節になり、園庭での「ケイドロ」遊びも大汗をかかずに走り回れます。 年長組さんは、3歳・4歳の時に見た年長の「パラバルーン」を、自分たちができる喜びにあふれています。集団での学びで大切なことは、「見て学ぶ」ということです。年少組・年中組の子どもたちは今まさに「見て学んでいます」。ひょっとしたら、心はもう来年に向かっているかもしれません。 なぜこの秋の時期に運動会をするのでしょうか。

学校法人 杉森学園  めぐみ幼稚園

Copyright (C) 2014めぐみ幼稚園 All Rights Reserved.