検索
  • sugimorigakuenmegum1

ちょっと難しいけれど、大事な話②

 9月も下旬になりましたが、まだ暑さの残る日が続きます。まだまだ「麦茶」の出番が多い日があることでしょう。麦茶をもらう事務室の前では、園児と教師の短い会話が続きます。

ちゃんと順番を守り、ずる入りをしない、「麦茶ください」と言って飲んだあと「ありがとうございました。」または

「ごちそうさまでした。」というお礼の言葉を、ひよこ組の園児を含め、すべての子ども達が言えるのです。

最初は教師に教えてもらったり、年長児のまねをして獲得した言葉かもしれませんが、今はしっかり自分の

“ことば”として取り入れているのです。これから、もっともっと言葉を自分の心に取り入れ、「心を大きく」して

いくのです。そのためにも、大人が子どもの言葉を食べない(先走って子どもの発する言葉を言わない)で

いただきたいです。

前置きが長くなりましたが、前回のブログに続いて大事お話をします。

「幼稚園教育要領」が、今年3月に公示され来年4月1日から施行されます。

その中では、「幼稚園教育で育みたい資質・能力」という項目があります。この中で大事なポイントを3点挙げています。

(1)豊かな体験を通じて、感じたり、気付いたり、分かったり、できるようになったりする

  「知識及び技能の基礎」

(2)気付いたことや、できるようになったことなどを使い、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりする

  「思考力、判断力、表現力等の基礎」

(3)心情、意欲、態度が育つ中で、よりよい生活を営もうとする「学びに向かうちから、人間性等」

以上のことが、幼児期(幼稚園教育)で育みたいことです。

お気づきのように、(1)と(2)は基礎という言葉が入っています。これは、幼児期という成長の度合いに個人差があり、「知識、技能、思考力、判断力、表現力」はあくまで基礎の部分を育むものなのです。

(3)は内面的な成長を含めた「こころ」の部分が大きいからなのです。

ちょっと長くなりましたが、幼児教育と、それに続く小学校教育が大切な今だからこそお伝えしなければ、との

261回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしと目つき

10月18日(日)に「第40回 運動会」が無事に終了いたしました。雨で3回の延期を余儀なくされましたが、途中で太陽の光も注ぐ絶好の天気の中で楽しく終了いたしました。 創立以来初めての2部制となりましたが、保護者の皆様の優しく温かい「まなざし」に包まれ、子どもたちは自分たちができる最高のパフォーマンスを見せてくれました。 子どもたちを取り巻く大人たちの「まなざし」は、すべてを受け入れて、子どもたちの

「見て学ぶ」とは?

今から20年以上前のことになります。 年中組に途中入園で入った男の子の話です。その男の子は、みんなの輪の中に飛び込んでいける子ではなく、初め2~3日はお部屋のロッカーの中に入り込んで、そこから見える景色を楽しんでいるように思えました。 しかし、そのお子さんがロッカーにずっと入っていた、初日・2日目にお母さんに伝えた話を聞いて驚いた記憶が今でも鮮明に覚えています。 初日も2日目も、お母さんに「今日は

運動する季節

ようやく爽やかな季節になり、園庭での「ケイドロ」遊びも大汗をかかずに走り回れます。 年長組さんは、3歳・4歳の時に見た年長の「パラバルーン」を、自分たちができる喜びにあふれています。集団での学びで大切なことは、「見て学ぶ」ということです。年少組・年中組の子どもたちは今まさに「見て学んでいます」。ひょっとしたら、心はもう来年に向かっているかもしれません。 なぜこの秋の時期に運動会をするのでしょうか。

学校法人 杉森学園  めぐみ幼稚園

Copyright (C) 2014めぐみ幼稚園 All Rights Reserved.