検索
  • sugimorigakuenmegum1

「おもちつき大会」

 めぐみでは、結構行事の名称に「~大会」と付けてしまいます。私が好きなのでしょう。大会という名は、皆が集うという意味を込めて使っています。園児はもちろん、保護者も集い楽しい体験を共有できる行事は、きっと心に残ると思います。

 今年も「伊勢ノ海部屋」から、2名の力士と浅坂マネージャーさんが来てくれました。

めぐみ幼稚園には、創立年の昭和56年からお相撲さんに来ていただきました。開園当初は、江戸川区瑞江にありました「九重部屋」から力士が来て、園児達とお餅をつき、お相撲をとっていました。その後「九重部屋」が両国に移転し、空いた部屋に先代「伊勢ノ海部屋」が移り、毎年めぐみに来てくれています。

5年ほど前に、代替わりにより部屋が文京区に移ってもつながりは途絶えておりません。

今年も、ひよこ組さんはお相撲取る時も、泣き出す子も何人かいましたが、みんな頑張って向かっていきました。ばら・さくら組になると、泣き出す子はいませんが、まだ手や体に力は入りません。

さすが、はと・ひばり組’(年長)ともなると、気合と力の入れ具合が強く、力士の方もしっかり受け止めていました。

また来年も、保護者の方も含めて「お

105回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしと目つき

10月18日(日)に「第40回 運動会」が無事に終了いたしました。雨で3回の延期を余儀なくされましたが、途中で太陽の光も注ぐ絶好の天気の中で楽しく終了いたしました。 創立以来初めての2部制となりましたが、保護者の皆様の優しく温かい「まなざし」に包まれ、子どもたちは自分たちができる最高のパフォーマンスを見せてくれました。 子どもたちを取り巻く大人たちの「まなざし」は、すべてを受け入れて、子どもたちの

「見て学ぶ」とは?

今から20年以上前のことになります。 年中組に途中入園で入った男の子の話です。その男の子は、みんなの輪の中に飛び込んでいける子ではなく、初め2~3日はお部屋のロッカーの中に入り込んで、そこから見える景色を楽しんでいるように思えました。 しかし、そのお子さんがロッカーにずっと入っていた、初日・2日目にお母さんに伝えた話を聞いて驚いた記憶が今でも鮮明に覚えています。 初日も2日目も、お母さんに「今日は

運動する季節

ようやく爽やかな季節になり、園庭での「ケイドロ」遊びも大汗をかかずに走り回れます。 年長組さんは、3歳・4歳の時に見た年長の「パラバルーン」を、自分たちができる喜びにあふれています。集団での学びで大切なことは、「見て学ぶ」ということです。年少組・年中組の子どもたちは今まさに「見て学んでいます」。ひょっとしたら、心はもう来年に向かっているかもしれません。 なぜこの秋の時期に運動会をするのでしょうか。

学校法人 杉森学園  めぐみ幼稚園

Copyright (C) 2014めぐみ幼稚園 All Rights Reserved.