検索
  • sugimorigakuenmegum1

お久しぶりです。

 この「園長ブログ」は、お久しぶりが多すぎるのが難点ですね。と、反省しつつ今回の話題に行きます。

前回のブログでヨーロッパの幼児教育事情の視察に行ったことをのせましたので、時間が経ちましたが

少しづつお話していきます。

まず、ドイツでは「森の幼稚園」を視察しました。文字通り木立の生い茂った森の中に幼稚園が存在

しているのです。施設としては「大きなキャンピングカー」と、それに付随したウッドデッキがあるくらい

です。

遊び場としては周りを囲まれた大きな森があるだけです。しかし、その遊び方は工夫次第で無限に

広がるものなのです。

その森というのは、周りを住宅に開発した土地に、しっかり森を残しておいたものなのです。

ですから、少し歩くと住宅にぶつかるくらいなのです。

森の幼稚園では、園児が40~50人に教師が7人から9人くらいが関わり、散歩や焚火、木を使った

ゲームなど多岐にわたります。

私も13年前に今回とは別の「森の幼稚園」にいきましたが、その当時は5~6か所しかありませんでしたが、

今は14~15か所に増えているそうです。保護者からの要望が増えている結果だそうです。

今回の視察で残念だったのは、子どもにカメラを向けるだけでクレームがつけられ、写真が全く撮れ

ませんでした。やはり難民の問題が大きいようです。

次回はフランスの「フレネ

654回の閲覧

最新記事

すべて表示

まなざしと目つき

10月18日(日)に「第40回 運動会」が無事に終了いたしました。雨で3回の延期を余儀なくされましたが、途中で太陽の光も注ぐ絶好の天気の中で楽しく終了いたしました。 創立以来初めての2部制となりましたが、保護者の皆様の優しく温かい「まなざし」に包まれ、子どもたちは自分たちができる最高のパフォーマンスを見せてくれました。 子どもたちを取り巻く大人たちの「まなざし」は、すべてを受け入れて、子どもたちの

「見て学ぶ」とは?

今から20年以上前のことになります。 年中組に途中入園で入った男の子の話です。その男の子は、みんなの輪の中に飛び込んでいける子ではなく、初め2~3日はお部屋のロッカーの中に入り込んで、そこから見える景色を楽しんでいるように思えました。 しかし、そのお子さんがロッカーにずっと入っていた、初日・2日目にお母さんに伝えた話を聞いて驚いた記憶が今でも鮮明に覚えています。 初日も2日目も、お母さんに「今日は

運動する季節

ようやく爽やかな季節になり、園庭での「ケイドロ」遊びも大汗をかかずに走り回れます。 年長組さんは、3歳・4歳の時に見た年長の「パラバルーン」を、自分たちができる喜びにあふれています。集団での学びで大切なことは、「見て学ぶ」ということです。年少組・年中組の子どもたちは今まさに「見て学んでいます」。ひょっとしたら、心はもう来年に向かっているかもしれません。 なぜこの秋の時期に運動会をするのでしょうか。

学校法人 杉森学園  めぐみ幼稚園

Copyright (C) 2014めぐみ幼稚園 All Rights Reserved.